病にある人を気遣って快気祝いを辞退する人もいます

相手を思いやる気持ちをさり気なく表現する。
簡単に出来そうですが実は難しいことです。
恩着せがましくなったり冷たい態度をとるとかえって今後の付き合いに支障をきたしてしまうこともあるからです。
心の行き違いがないようお互いに理解しあいましょう。
入院中の人を見舞う時、お見舞いを持って行きます。
通常では退院すると快気祝いが贈られてきます。
しかし昨今では、病み上がりの疲れた身体で快気祝いのギフトの手配をしてもらうのも大変なので快気祝いを辞退する人もあります。
辞退する人には快気祝いをせずに手紙で入院中に見舞って下さったお礼や近況を知らせると良いでしょう。
快気祝いを辞退する人には贈らずに気遣って下さった気持ちを大切にし、また変わらずに付き合って行きましょう。