独居で病み上がり。
無理をせず回復するまで快気祝いはしなくても良いのです

日本の家族構成はひとり暮らしの世帯が急激に増えています。
少子高齢化や仕事の都合で単身で暮らす人などがひとり暮らしをしているのです。
ひとり暮らしの人が病気や怪我で入院したら親族や知人が見舞ってくれます。
退院後お見舞いのお礼に快気祝いをします。
その気持ちはあるのですが病み上がりのうえにひとり暮らしとなると一日を無事に過ごすだけでやっとです。
快気祝いも時と場合がありますので、日常生活に身体が慣れて生活が落ち着いた段階で快気祝いをするのが良いでしょう。
贈られる方も、無理せずお元気になって良かった、と思い気持ちよく受け取れます。
誰もが同じことを同じように出来るわけではありません。
贈り物ひとつでも相手の身になって考えることが必要な時代になりつつあります。